教育・研修について

EDUCATION

ホーム / 教育を知る / 教育・研修について

クリニカルラダーシステムキャリアアップを応援します!

日本看護協会版に準じた看護師のクリニカルラダーを採用。

教育担当者メッセージ

新人のためのローテーション研修で、実践!

三島南病院は、急性期から在宅まで。ケアミックス型病院として、幅広い領域の医療と看護を提供しています。
新人看護師はすべての病棟を、専任チューター看護師のサポートを得ながら、実践で経験します。1年間の研修を終えるときには病院中に知り合いがいて、自分の成長を見守ってくれています。また、自分の特性と病棟の特長、 経験に裏付けられた看護観を考慮して配属先を決めることができます。当院自慢の新人研修です。

ローテーション研修で、実践!て

頼りになる先輩たちがいつもそばに。病棟全体で新人看護師をバックアップ。

メッセージ

1年をかけてゆっくりと学べます!

ローテーション研修中の現在は、先輩とペアになって看護にあたっています。それぞれの現場でたくさんの先輩の看護を目にすることができます。そして誰もが患者さん本位で患者さん思いの看護を実践されています。私も早くそんな看護師になれるように、頑張ります!

メッセージ

メンタルをサポートし、ゆとりのある学びを支援します。

私自身もそうでしたが最初はすべてが新しいことばかりで、どうしても余裕がない状態になってしまいます。そんな新人看護師のメンタル面をサポートするのが、チューター看護師の役割です。また、私のほかにも周囲にはフォローしてくれる先輩が大勢います。ぜひ安心してください!

OMCグループ研修

大学病院との連携

最新医療設備を備えた研修室を利用して
新人研修や各領域の専門家たちによる講習が行われます。
大学病院ならではの高度な教育プログラム を受けることが可能です。

他施設との研修

大阪医科大学・医療技能シミュレーション室を利用して実践的な研修を行っています。

大阪医科大学・看護学部との連携

IBL教育
アセスメント能力向上を目的に、大阪医科大学看護学部の教授・講師の方々を中心に「IBL教育(問題探求型学習)」を実施しています。中堅看護師を対象として始めた学習会も徐々に対象を広げ、講義のあとのグループワークでは「この患者さんやご家族に、どんな看護を提供するべきなのか」を考える力を培うことができます。

IBL教育について

教育担当者メッセージ

教育担当者メッセージ
地域包括ケア病棟勤務

相手の心に寄り添った看護師に。

新人看護師、ベテラン、学生にかかわらず、相手に関心を持ち、個別性を理解し、その人にあった関わりや指導をするようにしています。大切にしているのは「教育は共育」という言葉です。さまざまなひとの看護観に触れながら、私自身もともに成長していけるような関係を目指しています。

「教育担当者」という役割を担っていますが、後輩たちと関わる上でいつも心に置いているのは、ともに学んでいこうという気持ち。指導内容についてはいつも基本を振り返りながら、どうしたらもっとうまく伝えられるか、一人ひとりに合わせた成長を促せるかを考えながら取り組んでいます。教育ではなく、共育。ともに考え、学びながら、一緒に成長していきます。

教育担当者メッセージ
外来勤務

進学+スペシャリスト育成をサポート

地域で暮らす患者さんやご家族が、より安心して高度で専門的な医療と看護を受けられるよう、三島南病院ではさまざな資格取得を支援。
認定看護師の取得や特定行為研修の受講にあたっては、勤務体系の調整や金銭的なサポートなどを積極的に行っています。

ページトップへ