教育・クリニカルラダーについて

ホーム / 教育を知る / 教育・クリニカルラダーについて

教育担当者メッセージ

教育担当者メッセージ
外来勤務

「教育担当者」という役割を担っていますが、後輩たちと関わる上でいつも心に置いているのは、ともに学んでいこうという気持ち。指導内容についてはいつも基本を振り返りながら、どうしたらもっとうまく伝えられるか、一人ひとりに合わせた成長を促せるかを考えながら取り組んでいます。教育ではなく、共育。ともに考え、学びながら、一緒に成長していきます。

クリニカルラダーについて

日本看護協会版に準じた看護師のクリニカルラダーを採用。

教育担当者メッセージ

院外研修について

大学病院での連携研修

最新医療設備が整うシミュレーション室を利用した新人研修や各領域の専門家たちによる講習など、大学病院ならではの高度な教育プログラムを受けることが可能です。

他施設との研修

大阪府看護協会北摂エリアの中小病院が協力しあって研修を実施。たくさんの学びの場を提供するとともに、看護師同士の交流も積極的にサポートしています。

大阪医科大学看護学部との連携研修

IBL教育について

IBL教育について
アセスメント能力向上を目的に、大阪医科大学看護学部の教授・講師の方々を中心に「IBL教育(問題探求型学習)」を実施しています。中堅看護師を対象として始めた学習会も徐々に対象を広げ、講義のあとの少人数のグループワークはアットホームな雰囲気の中、「この患者さん・ご家族に、どんな看護を提供するべきなのか」を考える力を培うことができます。

進学への支援、スペシャリスト育成へのサポート

地域で暮らす患者さんやご家族が、より安心して高度で専門的な医療と看護を受けられるよう、三島南病院ではさまざな資格取得を支援。認定・専門看護師の受験や特定行為研修に参加にあたっては、勤務体系の調整や金銭的なサポートなどを積極的に行っています。

ページトップへ