地域医療包括推進のために

ホーム / 三島南病院を知る / 地域医療包括推進のために

ケアミックス型の在宅支援

「ケアミックス型病院」を掲げる三島南病院では、地域との医療連携も積極的に行っています。たとえば、自宅療養のための準備段階から、事前に病室まで訪問してご本人・ご家族と面談を実施。また、病院側の主治医、看護師、リハビリスタッフ、メディカルソーシャルワーカー、地域のかかりつけ医、訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパー、福祉用具業者といった関係スタッフが集まって退院前カンファレンスを開催。自宅療養に向けた自宅環境の整備や、医療・介護の連携について具体的に話し合いを重ね、退院目標日を決定しています。さらに、三島南病院は地域包括ケア病棟も運営しています。また、自宅療養中で医療依存度の高い利用者のレスパイト入院(介護負担軽減等を目的とした一時入院)を受け入れており、自宅から病院、病院から自宅へ継続した看護が提供できるように緊密な連携を図っています。

ケアミックス型の在宅支援

地域医療連携室の働き

入院が決まった患者さんに対しては、紹介元医療機関や病棟スタッフとの調整を通して入院生活をバックアップ。またすでに入院中で退院・転院を目指す方には、退院支援カンファレンスを実施した上で在宅療養の相談・指導をするほか、他職種・他機関とも連携して療養面と社会面の両方から課題にアプローチ。安心して地域に戻れるお手伝いをしています。さらに、病院に対する地域からのご意見やご要望に耳を傾けるのも、地域医療連携室の大切な役割です。

訪問看護ステーションとの連携

訪問看護ステーションではご本人やご家族の「病気や障がいがあっても住み慣れた自宅で生活を続けていきたい」「人生の最期の時間を大切な家族とともに過ごしたい」という思いを実現するため、訪問看護師がご自宅に訪問して医療的側面と生活的側面からサポートしています。また、自宅療養中に利用者の状態が変化し、かかりつけ医、ご家族と相談して、入院など必要と判断された場合には、時間内であれば連携室に、時間外であれば救急外来スタッフに連絡。緊急時の連携システムが整っており、病院での受け入れ体制がスムーズなのも特徴です。

いきいきサロンcocokara

コンサート
コンサート

いきいきサロンcocokaraは三島南病院周辺にお住まいの皆様や通院患者様、ご家族様に健康増進や疾病予防、早期発見のために身体測定・体脂肪・足指力・健康相談等を毎月1回(第一土曜日 午後から)開催しています。共催として大阪医科大学看護学部教員や学生ボランティアの皆さんもミニ講座に工夫を加え地域の皆さまとともに健康寿命を高め、いきいきとした生活を過ごしていただけるよう取り組んでいます。

ページトップへ