病院長メッセージ

ホーム / 三島南病院を知る / 病院について・病院長メッセージ

急性期から回復期、慢性期、そして訪問看護まで。
「ケアミックス型病院」として医療、看護のチカラを必要とするすべてのひとたちを支えている三島南病院。
高齢化が進み、地域医療の充実がますます求められるこれからの時代に輝く
「おもいやり、つよさ、あたたかさ」を持った看護を、私たち看護部は目指しています。

OMCの組織の特徴について

予防から、高度急性期、急性期、慢性期、在宅医療まで、医療提供体制を整備し、地域医療の充実に貢献します。

予防医学
大阪医科大学 健康科学クリニック
高度急性期・急性期医療
大阪医科大学附属病院
急性期・慢性期・回復期医療
大阪医科大学三島南病院
在宅医療
地域医療包括センター
 訪問看護ステーション
 ケアプランセンター
 デイケア(通所リハビリ)

大阪医科大学三島南病院の特徴

急性期から回復期、慢性期、そして訪問看護まで幅広く対応する三島南病院。高槻市、茨木市、摂津市、島本町で暮らす方々を中心に、さまざまな医療と看護を提供しています。また、予防医学を担う「大阪医科大学健康科学クリニック」や、高度急性期の領域で豊富な実績を持つ「大阪医科大学附属病院」との連携も緊密。病気の予防から治療、地域での暮らしまでをシームレスにつないでいけるのも、私たちの特徴のひとつです。さらに、大学グループの病院でありながら、開業医が少ない三島エリアで暮らすひとたちにとっての「かかりつけ病院」となることも大きな役割。大阪医科大学の一員として生まれ変わって3年目。ケアミックス機能を持った数少ない大学の病院として、地域の方からますます大きな期待を寄せられています。

病院長メッセージ

看護部長メッセージ

三島南病院は急性期から慢性期にかけて「医療」と「看護」と「介護」が一体となったチーム医療を広く学べる貴重な場所。大阪医科大学附属病院の前方病院、あるいは後方病院として地域で暮らす患者さんと深く関わりながら、最先端の医療に携われる機会も決して少なくありません。高齢化社会を迎え、これからますます重要となってくる地域連携の現場で活躍する看護師を目指すなら、まさにぴったりの環境がここにあります。あなたも大阪医科大学の一員として「おもいやり、つよさ、あたたかさ」にあふれた看護師になりませんか?

病院長 木村文治
ページトップへ