三島南病院の看護について

ホーム / 看護部を知る / 三島南病院の看護について

予防から急性期、慢性期、在宅まで。
三島南病院はケアミックス型病院として、幅広い領域で医療と看護を提供しています。

急性期病棟

一般外科・内科の急性期に加え、がんの放射線治療による入院にも対応する病棟。早期から退院後の生活までを考えた看護の提供に取り組んでいます。

急性期病棟

三島南病院には高齢の方が多く入院され、治療後すぐに元気になって退院できる方が多いわけではありません。そのために必要なのは早期から退院を見据えた取り組みをはじめること。患者さんやご家族が求めるような暮らしを継続できるよう希望を聞き出し、多職種と連携することは欠かせません。

回復期リハビリテーション病棟

患者さんの能力を最大限に伸ばせるよう、医師、看護師、リハビリ部門、メディカルソーシャルワーカーがチーム医療を実践。退院後を見据えた家族指導も大切な役割です。

回復期リハビリテーション病棟

カンファレンスを積極的に開催するなど、患者さんが入院前と同じ、もしくはそれに少しでも近づけるようチーム一丸となって取り組んでいます。また、患者さんの能力を引き出すためにはリハビリ以外の時間をいかに過ごすかも大切なこと。これからはその方に合わせた体操や、手を動かす作業などを病棟でも取り入れ、少しでも機能回復を手伝えるようにしていきたいですね。

地域包括ケア病棟

内科、外科を問わず、幅広い疾患を持つ患者さんが自宅や施設に帰るための環境を整えるのがこの病棟。糖尿病の教育入院にも対応しています。

地域包括ケア病棟

医師や看護師をはじめ、リハビリ部門、地域連携室、ソーシャルワーカーなどがチームを組んで退院に向けた支援を行っています。また、私自身は「糖尿病教育チーム」のメンバーとして、初期段階にある糖尿病患者さんに向けた教育にも参画し、日常生活でできる予防などについてお伝えしています。病棟スタッフは年齢層が幅広いものの仲がいいのが特徴。楽しく勤務しています!

療養病棟

疾患に対する治療はある程度落ち着いたものの、まだ継続した医療的なケアを必要としたり、自宅や施設に戻る準備が整っていない患者さんが入院する病棟です。

療養病棟

療養病棟にはほとんど寝たきりの状態に近い方も多く入院されています。しかしそれでも私たち看護師はいつも積極的に話しかけることを意識。手や口の端や眉がほんの少しでも動いてくれたのを見ると、「ああやっぱり届いていたんだ」と温かな気持ちになります。目に見える反応は少ないけれど、患者さんから教えてもらうことはたくさんある。そんな職場だと思いますね。

血液浄化センター

血液浄化センター

三島南病院では血液透析をはじめ、持続緩徐式濾過透析(CHDF)などの治療を行う「血液浄化センター」を運用しています。全24床を持つこのセンターでは透析中の患者さんのマネジメントのほか、透析機械の操作、維持透析のための生活指導、フットケアや精神面などの総合的支援、導入時の指導、そしてご家族へのサポートなどを看護師が対応。インターベーション治療であるシャントPTAの介助といったシャント管理でも大きな役割を担っています。

外来

11の診療科がある外来では看護師だけでなく看護クラークも活躍しています。地域に密着した病院ならではの患者さんやご家族様とのコミュニケーションで、「いつもと違う」という 感覚を大切にし安心して診察を受けていただけるよう心がけています。また、フットケア外来では看護の知識を生かした生活指導を行い、患者さんができるだけ自宅で快適に過ごせるようサポートしています。

ページトップへ