看護部理念・看護部長・看護副部長メッセージ

NURSING

ホーム / 看護部を知る / 看護部理念・看護部長・看護副部長メッセージ

看護部理念

私たちは、一人ひとりの患者さまの 権利を尊重し、専門知識と技術・思いやりのある 看護を提供します。

看護部基本方針

  • 1看護専門職として生命・人格・尊厳を守る判断能力を高め、自己決定を尊重し、思いやりのある配慮をもって対応する
  • 2継続教育の充実を図り社会の変化や人々のニーズの変化に対応できる人材を育成する
  • 3ケアミックス型病院として他職種と協働しながら包括した医療・看護を提供し、地域医療に貢献する
  • 4看護部として経営基盤の安定化へ積極的に参画する
看護部の5つのC

看護部長メッセージ

大阪医科大学三島南病院として生まれ変わり5年目。急性期から慢性期そして在宅までーケアミックス型の病院として、当院は診療・教育体制を整備しながら大きな変化を遂げてきました。わたしたち看護部もまた、その人の生活に軸を置いたきめ細やかな看護を重ね、成長してきました。多くの患者さんに「この病院でよかった」と笑顔を見せていただけることは、次の行動への原動力になっています。教育面ではクリニカルラダーによる段階的な学びの体制を整えています。一年間にわたる新人のためのローテーション研修では、チューター看護師のフォローを得ながら、様々な場面でのケアを経験できます。また、大学のグループ病院として質の高い研修を行い、それぞれの研鑽を支援しています。個人の到達段階に応じて学び、自己の看護力を磨く、それは、人間性を高めることにもつながります。看護師として成長できる環境、仲間、体制がここにはあります。私たちと一緒に看護を語り、実践してみませんか。あなたがなりたいと思う看護師像は何でしょう。地域の医療を担う当院に、ぜひ一歩を踏み入れてください。全力で応援をします。

看護部長 認定看護管理者 東 典子
看護部長 認定看護管理者 東 典子

看護副部長メッセージ

教育担当副部長として新人教育をスタートさせ、平成30年度から「看護師のクリニカルラダー」 (日本看護協会版) を基に、当院の病棟機能に応じたクリニカルラダーを稼動させることができることになりました。また、看護部の教育委員会活動も活発で、様々な集合研修を計画・実施し、対象者も准看護師・看護助手を含む全看護職と幅を広げ、職員から大変好評を得ています。今後も三島南病院の更なる看護の質向上に向け、看護職の教育に教育委員一同全力で取り組んでまいります。

看護副部長 認定看護管理者 大岸英子
看護副部長 大岸英子

病床の効果的な運用を図るために「入退院調整責任者」の役割を担っています。病棟・外来のラウンドを通じて一人ひとりの看護師がやりがい感を持って仕事が出来るようにサポートしています。なおケアミックス型病院として、他職種と協働しながら包括した医療と看護を提供し、地域医療に貢献できるように努めています。

看護副部長 福富美樹
看護副部長 福富美樹
ページトップへ