ベテラン看護師

ホーム / 働く人を知る / ベテラン看護師

高度急性期の現場から、三島南病院の地域包括ケア病棟へ。

大阪医科大学附属病院の脳外科病棟で10年勤務した後、三島南病院の地域包括ケア病棟へ異動してきました。高度急性期の現場から地域へ帰るための環境を整える場所へ。辞令を聞いたときは驚きましたが、よく考えてみると脳外科にいたときから治療はいつか終わり、退院に向けた支援はしていたこと。もちろん患者さんやご家族の思いに寄り添ってケアをするという看護の基本が変わるわけでもなく、その場所が少し変わっただけなんだ。そんな風に働いていく中で気づくことができたのは大きいですね。また、脳外科というひとつの領域だけでなく、オールラウンドにあらゆる部位を勉強できるのは、自分自身のスキルアップ、キャリアアップにも必ずプラスになると思っています。

これからは社会福祉士の資格や知識も生かせれば。
地域包括ケア病棟所属

これからは社会福祉士の資格や知識も生かせれば。

三島南病院ではいろいろな経歴を持った看護師がたくさん働いています。得意分野、個性も実に豊かで、それらを風通しよく、組み合わせることができたら、今よりももっといい看護ができるはず。そしてそれが病院のレベルアップにもつながっていくと思います。また、皆さんの人柄もよく、とても家庭的な雰囲気。異動でやってきても働きにくいと感じたことは一度もありません。
私は看護師よりも以前に、社会福祉士の資格を取得しています。看護師となってからはずっと看護ばかりをしてきましたが、今の病棟ではその知識や資格を活かせる場面もたくさんあります。せっかくここで働いているのでそこを自分の強みとして活かしていくことがこれからの目標ですね。

ページトップへ