若手看護師

PERSON

ホーム / 働く人を知る / 若手看護師

急性期外科病棟 卒後7年目

より地域に近い病院で
看護経験を積みたくて。

卒業後、最初に入職したのは大阪医科大学附属病院です。神経内科と血液内科の混合病棟に配属され、急性期治療を必要とする患者さんの看護にあたっていました。右も左もわからず、目の前のことに精一杯だった1、2年目を経て、少しずつ周りが見えるようになり、リーダー的なポジションに立つようなことが増えてくると、患者さんの退院後の治療や、暮らしを支える看護をもっと提供したいという気持ちが大きくなってきました。もちろん本院でも退院後を見据えた看護の提供は行なっていますが、より地域に近い場所で学ぶことはできないだろうか。そんなふうに考えて、三島南病院への異動を希望することにしました。

これからは社会福祉士の資格や知識も生かせれば。

和気あいあいとした環境で
地域に必要な看護を学べます!

三島南病院への異動が叶い、最初に配属されたのは地域包括ケア病棟でした。そこで在宅復帰に向けた退院調整を、地域医療連携室のスタッフ、リハビリ担当の医師や看護師、主治医とともにゆっくりと時間をかけて話し合う。退院後も継続した医療や看護を提供するために必要なことを、幅広く学ぶことができました。また、三島南病院に来てよかったことは、そのような自分のスキルアップのためだけではありません。三島南病院は幅広い年齢層のスタッフがとても和気あいあいと働いている場所。議論や意見も気兼ねすることなくできて、とても前向きに仕事ができています。これからもこの場所で知識、技術を磨きながら、地域に貢献できる看護師になりたいです!

ページトップへ