救急看護認定看護師

ホーム / 働く人を知る / 救急看護認定看護師

重症患者さんの受け入れや
院内急変の対応を強化するために。

三島南病院での重症患者さんの受け入れや院内急変の対応を強化するため、2017年4月に大阪医科大学附属病院から異動してきました。現在は救急外来で対応した後の受け入れ場所となる急性期外科病棟で、患者さんへの看護を実践するほか、業務主任として病棟運営や、看護師への指導・相談などを行っています。急変対応に強い看護師がいれば、クリティカルなシーンでの家族への対応や現場のコントロールがスムーズになります。実践によるスタッフ指導などを通して重症患者さんを看れるチームへと変えていき、病院の信頼を高めていくことが私の役割ですね。

救急看護認定看護師
急性期外科病棟所属

素晴らしい看護チームになる、
という未来への期待がモチベーション。

新しく何かを変えていくということは簡単なことではありません。さらにチームで取り組んでいく場合には、そこに関わる一人ひとりのモチベーションがとても大切。実践の中で求める役割を伝えるなどして、みんなが前向きに高めあえるようにいつも心がけています。スタッフの頑張りもあって、重症患者さんの受け入れも少しずつ増えてきました。対応できる看護師の数も確実に多くなってきています。こうした成長がつづけば、きっと遠くない未来にクリティカルケアの分野でこの病院が認められるはず。その期待が、今の私のモチベーションですね。また、大学病院では知ることができなかったリハビリ期や療養期の看護に触れられるのも、異動を経験してよかったと思うところ。スタッフだけでなく、自分自身の成長にもとても影響していると思います。

ページトップへ