男性看護師

ホーム / 働く人を知る / 男性看護師
男性看護師
急性期内科病棟所属

スタッフ全員で
新しい病院をつくっていけるように。

三島南病院の立ち上げ時に、大阪医科大学附属病院の内科病棟から異動でやってきました。同じグループになったとはいえ、機能も環境もまったく異なる病院で勤務することに当初は不安な気持ちもありました。しかし本院の看護の考え方などを伝える大事な役割を任せていただけることにありがたさも感じ、引き受けることに。もちろんすべてがスムーズに上手くいくわけではありませんが、これまでいたスタッフたちとともに一つひとつ話し合いながら取り組んでいるところです。お互いの良さが上手く融合して、地域の患者さんたちによりよい看護が提供できるようになるのが目標です。

本院の男性看護師委員会に参加して
情報を交換しあう機会も。

現在は約10名ほどの男性看護師が活躍しています。2016年度からは新卒採用もはじまっているので、数はこれからもどんどん増えていくのではないでしょうか。本院の男性看護師委員会との食事会などを開催し、同じグループで働く者同士として、とてもいい交流の場になっていると思いますね。三島南病院は本院ほど新卒採用の数が多くないので、新人一人ひとりに対してより濃密に指導ができる気がします。ローテーション研修もあり、自分の特性を見極めながらゆっくりと成長していきたいという方にはぴったりなのではないでしょうか。

ページトップへ