教育担当者

PERSON

ホーム / 働く人を知る / 教育担当者
男性看護師

教育担当者として

三島南病院が大阪医科大学のグループ病院として開設されたときに、大学附属病院の内科病棟から異動しました。同じグループになったとはいえ、機能も環境もまったく異なる病院での勤務に不安な気持ちもありましたが、附属病院の看護の考え方などを伝える教育担当者としての役割をお引き受けし、今年で4年目になりました。
教育担当として、みなさんの個性を理解すること、その特性にあわせた教育を実践することを目標に活動しています。特に、新人看護師にとってはできるだけ身近な存在になれるよう配慮し、押しつけになることなく自分で考えることを促し、理解を深められるようなかかわりを心掛けています。

自己の成長をサポートする体制を整えています

当院の新人看護師研修は、ローテーション研修を特色としています。入職時から1年間をかけて、一般急性期病棟として内科・外科、地域包括ケア、療養、回復期リハビリテーションの各病棟を回り、それぞれの病棟について、特性や看護を学びます。さらに、外来や、同グループ施設である訪問看護ステーションでの実地研修もあり、この地域に暮らす患者さんを支える当院の役割を知る1年間になります。またローテーション研修と並行して、様々なテーマでの定例研修が実施されます。
看護師は、大きな責任を伴う大変な仕事ですが、その分やりがいを感じることができる職業だと思います。自己の成長につながる教育体制は整っています。当院では、採用規模が大きくない分、新人一人ひとりに対して、より濃密なかかわりが可能となります。自分の特性を見極めながらゆっくりと成長したい方には、ぴったりなのではないでしょうか。

ページトップへ