新人看護師

PERSON

ホーム / 働く人を知る / 新人看護師

入職1年目

1年かけてゆっくり学べる。
自信のない私には理想的な場所でした。

看護師の国家試験に合格してから9年が経ちますが、その後別の学校への進学や家庭の事情などが重なり、看護師の仕事に就くことが叶わずにいました。それでも看護師は幼稚園の頃から憧れだった仕事で、どうしても働いてみたい気持ちを忘れることができませんでした。しかし、卒業してから9年間も看護の仕事に携わっていなかったことは、やはり大きな不安で、なかなか踏み出す勇気を持てなかったのも事実です。「働きたい、けれど不安」「看護師になりたい、だけど病院や患者さんに迷惑をかけるかもしれない」……。そんな迷いを抱えながら過ごす中で見つけたのが、三島南病院です。ここならローテーション研修があり、急性期から慢性期まで、一年をかけてゆっくりと学んでいくことができる。卒業後ブランクがある私にとっては、まさに理想的な場所でした。

ローテーション研修で
興味の幅が広がりました!

現在はローテーション研修の一環で急性期内科病棟に所属し、先輩看護師の指導の下でさまざまな急性期看護を勉強しているところです。ローテーションしながら全病棟を経験し、それぞれの分野の魅力と特徴を知ることは、看護師としての将来のビジョンを考えるのにとても役立っていると思います。私自身、最初は急性期部門で働いていきたいと考えていましたが、回復期や終末期部門を経験し、視野が広がりました。また、ローテーションで病棟を移るたびに顔なじみが増え、1年後には看護師だけでなく、院内のたくさんの人と知り合えています。廊下や更衣室などで声をかけてくださる先輩が少しずつ増えていくのは、とても大きな励みにもなっています!

これからは社会福祉士の資格や知識も生かせれば。
ページトップへ